フリーランス在宅ワークのメリットとデメリット!気になるのは収入?それともやりがい?

仕事道具

在宅ワークって、どんなイメージですか?

私が会社勤めをしていた頃に漠然と抱いていた、在宅ワーカーのイメージは、こんな感じでした。

・気楽そう
・不健康になりそう
・収入不安定

実際在宅ワーカーになってみて、当たっているところ、外れているところ、なんとも言えない部分、ありますね〜。

ということで今回は、
私の、会社員時代の経験と、実際にフリーランス在宅ワーカーになってからの経験を元に、色々な角度からメリットとデメリットを比較してみました。

会社員やパート フリーランスの
在宅ワーカー
健康面
精神衛生面
収入面
仕事のやりがい

こんな感じ。ひとつひとつ説明していきます。

健康面

生活リズム

会社員だと、◯時〜◯時という勤務時間を、会社が取り決めています。
フレックス制度なんかを取り入れている会社も多いかと思いますが、それでもある程度は決まっていますよね。

フリーランスだと、時間の使い方を自分で全て決めることができるので、忙しい時は寝る間も惜しんで業務に集中できるし、暇な時はお茶を淹れてゆるりと過ごすこともできる。
体調が悪ければ、思い切って一日休養に充てるという選択肢も気軽に選びやすい。

反面、時間が自由になるあまりけじめが付けにくく、昼夜逆転生活に陥りやすい面はあるように思います。

ただ!

私のように子育てをしている人の場合、自分の都合だけで時間をコントロールするわけには行かないので、昼夜逆転生活には絶対にならないのですよ!
なぜなら、子どもがいる以上、

朝は必ず起きて子どもに朝食を食べさせ、
きちんと着替えてお化粧して保育園に送って、
夕方には仕事を片付けて子どもを迎えに行って、
晩御飯を作って食べさせてお風呂に入れて寝かしつける!

という生活サイクルが必須なので、逆に、生活リズムは子どもがいなかった会社員時代より整っているくらいです。

そうなんです。

実は、子育て中のママって、環境的にも、在宅ワークにはとっても向いているんですよ!

運動

在宅だと「通勤」という概念がないので、歩くことについては、正直かなり減りました。

移動といえば、子どもを保育園に送り迎えするのに、自転車or徒歩で往復するくらい…
運動らしい運動といえば、土日に公園に行って子どもと走り回ったり、寝る前のストレッチくらい…

やばい、私、本当に運動してないわー…

あとは、体重増え気味の時だけ思い出したように、TRFのダンササイズDVDを見ながら体を動かすこともありますが…(笑)

だけど、会社員でも車通勤だったり、家も職場も駅近だったりすれば、やっぱり運動不足にはなるわけで、比較し難い部分もありますね。

精神衛生面

当たり前と言われるかもしれませんが、これだけは断言できます。

精神衛生面は、フリーランスの方が圧倒的に良い!

・自分の家だから、リラックスして仕事に臨める。
・仕事中は自分一人だから、業務外のしょうもない人間関係のしがらみがなく、気が楽

ただ、

・ずっと一人だから、ちょっと寂しい。

同業の人と打ち合わせなどでお会いしてお話しすると、やたら楽しかったりします。
納期が厳しい時に励まし合う仲間がいないのも少し寂しいですね。

収入面

やはり、フリーランスで一番ネックになるのがこれ。

会社員なら、暇な時でも出勤さえしていればお給料は出ますよね。
有給休暇もあるので、休みながら給料をもらえる!
これ、自分がその立場だった時は当然の権利★と思っていましたが、今思うと本当に恵まれてる。

フリーランスは、仕事をしなければ収入はゼロ!です。
とにかく今、安定して収入を得たいなら、フリーランスは選ばない方が良いかもしれない。

でも、
働けば働くほど結果が収入に出るのは、もちろんフリーランスです。
会社員でも、良い業績をあげれば昇給したり特別ボーナスをもらえたりしますが、会社の景気に左右されます。

仕事のやりがい

フリーランスをやっててやりがいをもっとも感じるのは、お客様から報酬をいただく時です。

結局、金かよ!とツッコミが入りそうですが、はい、お金です。

私はWeb制作をメインにやっていますが、
例えば新規サイト立ち上げの案件ならば、
企画やデザインを提案し費用を見積もり、スケジュール管理をしながら制作を進め、最終チェックを行い、公開にこぎつける。
これらの業務にたいする報酬は、会社員ならば月給や年俸という形で得ますが、フリーランスならば、その規模や手間に応じた報酬を丸ごと得ることができる。

つまり、自分の頑張りがそのまま収入に現れた時が、私はもっとも喜びを感じます。

まとめると…

会社員は安定してる。
でも、会社が潰れれば失業するし、ある程度の年齢ならば再就職は難しい。
自分が体を壊して職場にいられなくなる場合もある。
そうして失業してもまた社会から必要とされる人材であるように日々努力をしているか?

フリーランスは自由。
でも、自由には必ず責任が付いて回るもの。
失敗すれば責任は全部自分が取らなければならない。
頑張っても誰も褒めてくれないし、サボっても誰も叱ってくれない。
自分を律するのは全部自分。

健康でいられるか。稼げるか。楽しく働けるか。

会社員だってフリーランスだって、共通して言えるのは、

結局ぜんぶ、自分次第。

ということです。


あくまで、「在宅」「フリーランス」「子育て中」という条件下での私なりに感じたことを書いています。
同じフリーランスでも事務所を別に持っている、とか、従業員を抱えている、とか、
在宅勤務ではあるけど会社に雇われていて勤務時間がきちんと決まっているとか、
環境が違えばすべて全く違ったものになってくるので、ご理解ください!